ルイヴィトンヴェルニ偽物どんな商標_ルイヴィトンモノグラム仲間_買ってルイヴィトンヴェルニ偽物何に注意して|ルイヴィトンヴェルニ偽物メーカー_網 집입니다.


2015-01-24 01:18    ルイヴィトンヴェルニ偽物
 と、自分の向かいの、空いている椅子に顎をしゃくる。  私は言われたとおりにした。和田倉はガウンの胸ポケットから葉巻を出して私に勧め、 「君かね、佐竹を捜しているのは? 確か、名前は柳田と言ってたな……」  と、私が扮している人物の名前を言った。夜のうちに相当調べたらしい。 「それがどうした。まさか、俺をからかうために、ここに呼んだんじゃないだろうな」  私は葉巻のセロファンを破って火をつけ、煙を和田倉に吹きつけた。 「強がりはよすんだ。落着いておれの話を聞け——」  和田倉は|一《いっ》|喝《かつ》し、一変して穏やかな声に戻って、 「知ってのことと思うが、ひと月ほど前に|柿《かき》|生《お》の山に拳銃の射撃練習に出かける途中のおれの部下が五人乗った車がやられた。やったのは、佐竹とその用心棒の柏木の二人だ」 「確証は?」 「警察のような口のきき方はやめてくれ……おれは神泉組にスパイを送りこんである。そいつが誰だかは言えんがね。もっとも、神泉組のほうもおれ等のところにスパイを入れてる。そのスパイが、射撃練習のことを神泉組に知らしたので、あんな事が起きたというわけさ。だけど、もう心配は無いだろう。おれ等のところにもぐりこんでいたスパイは処刑したから」  和田倉は笑った。笑うと、ますます冷たい声になった。 「どうやって見つけたんだ?」  私は、つりこまれたように尋ねた。 「簡単だ。幹部級の一人一人に本物に見せかけた偽情報を知らせておく。スパイならその情報を神泉組に伝えるだろう。そいつが神泉組に伝わったかどうかは、おれが送りこんだスパイが知らせてくる。だから、神泉組のスパイはすぐにわかったよ。半月ほど前にな。そいつは何と、おれの秘書だった」 「…………」 「余計なことをしゃべりすぎて、君を退屈させたようだな。おれの言いたいことは、佐竹はおれ等和田倉興行と君にとって共通の敵だということだ。だから、おれと君は手を結んだほうが得策と思うわけだ。それに、君は昨日ポリ公を傷めつけてるから、組織のなかに入ってないと損だ」  和田倉は言った。