ヴィトンヴェルニポルトフォイユサラ

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null「そうさ。抜け目のないやつでね。あの野郎、若い頃、おれの名刺をそっくり盗みやがってね」 「え? 名刺入れか財布を……?」 「いや、そうじゃないよ。名刺だよ」 「名刺を盗んでどうするんですか?」  谷津は、びっくりしたふうを見せた。  他人の名刺を盗んで、不正使用する、ということは世の中によくあるが、大手建設会社のエリート社員である鶴田幸佑ともあろうものが、他社の営業部員の名刺を盗んで不正使用するとは、思われなかったからである。 「社長の名刺を、鶴田さんが妙なことに使ったんですか?」 「そうじゃねえよ。そっくり捨ててやがったんだ」 「え? 捨てた……」  島田の話は、ますます意味がわからない。 「あの野郎、おれの名刺を二、三十枚も束《たば》にして、どぶに捨てやがったんだ。廊下トンビをしていた若い時から、油断も隙《すき》もない策士だったんだよ、あいつは——」  ああ、なるほど。谷津にもようやく少しは意味がわかってきた。  建設会社の入札課員や営業マンの仕事は、官公庁への挨拶と名刺配りからはじまる。  官公庁が発注する公共工事を請負《うけお》うための、お百度参りのことである。発注官庁は、何も建設省ばかりとは限らない。  国道やダム、河川などの国家的な大規模な工事は、建設省が多いが、本省は統括するだけで、これを発注するのは、実際には全国八ヵ所にある地方建設局である。  しかし、国の工事は、建設省だけではなく、港湾や空港は運輸省、漁港や農林道は農水省、鉄道や駅舎建設は日本鉄建公団、道路は道路公団という具合に、公共工事の発注官庁や団体は、無数にある。  建設会社の営業マンや入札課員は、それらの国の官庁や都道府県の官庁、その中でも道路建設、道路維持、河川、砂防、下水道、都市計画、住宅など、各局各課ごとに毎日のようにこまめに回って、挨拶《あいさつ》したり、名刺を置いていったりする。  たとえば、課長が在席していても、いなくても、机の上に名刺を置いてゆく。一日、外に出ている課長の机の上は、トランプでも並べているような感じの日もある。
    2015-01-24 00:29
    ŗ 評論 0
発祥地|ヴィトンヴェルニポルトフォイユサラ
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ヴィトンヴェルニポルトフォイユサラ推薦 ルイヴィトンモノグラムポルトフォイユエミリー_ヴィトンヴェルニポルトフォイユサラ団,「図」 집입니다.